ファンデーション 口コミ・比較サイト

title title

色の選び方ってあるの?

数百円のものから、美容液成分入りの数万円するお高いものまで、ファンデーションにも様々な商品がでています。せっかく自分のお肌のために投資するのだから、自分に合った色のものを選びたいですよね。
 
そこで気になるのがファンデーションの色と自分のお肌の色の相性。
ファンデーションの色の選び方ひとつで印象は大きく変わります。自分を魅力的にするアイテムを使った結果が、白浮き状態でした・・・なんてことは絶対に避けたい。じゃあどうやってファンデーションの色を選んだらいいのか悩みますよね。
・・・という訳で、今回はファンデーションの色の選び方について調べてみました。

一般的にファンデーションを選ぶ時にみなさんはどんなことを考えますか?
「夕方以降のくすみが出にくいように・・・」「本当のお肌の色よりも色白に見せたい」などではないでしょうか。そして本来のお肌より明るめのファンデを選び、顔が白浮きしたり、お化粧バッチリ感が出てしまい、ナチュラル美肌とは程遠くなってしまう結果になってしまった…なんてこともあるのでは?

そうならないためには次のステップで色選びをしてみましょう。

①まずは自分の顔のベースカラーを見極める

★黄味の強いイエローベース
★青味のあるブルーベース

②自分の顔のベースカラーに合うファンデーションの色を選ぶ。

一般的に「オークル系」「ベージュ系」「ピンク系」のラインナップが多い。

★イエローベース
→ツヤ感を増し、血色を良くしたければオークル系(黄味がある)またはピンク系のファンデを選ぶと浮きづらい。ベージュ系は黄ぐすみが強くなるので合わない。

★ブルーベース
→透明感をプラスし血色をよく見せたいときはピンク系(ただし浮きやすいので時間が経ってから顔色をチェックした方が良い)もしくはナチュラル系かベージュ系。

③②のカラートーンの中からフェイスラインの色に合った明るさのものを選ぶ。
フェイスラインに合わせて選ぶと、顔の色と首の色、両方に馴染む色を選べる。

買う前に、一日そのファンデーションをつけて過ごして状態を確認してからの購入が理想ですが、その際にはこの色の選び方を参考にしてみてはいかがでしょうか?

そのほかのアレコレ